2013年07月01日

第01回:あなたの未来を見てみよう!!

はじめまして、株で長期投資をしている「やぶっち」と申します。

これから、自分が考えた株の初心者でもできる長期投資のやり方について説明したいと思います。

まずはこの図をみてください。

ライフプラン.jpg

自分が2004年30才のときに、貯金300万円、妻と子供2人を条件にシミュレーションした貯蓄残高グラフになります。

作成当時、サラリーマンの定年は、60才が通念だったため、60才で退職金をもらい、年金はもらえないことを前提に作成しました。

ちなみに、この時はまだ株式投資はしていないため、投資運用益はゼロ円です。

グラフ化してみて、分かったことですが、60才を過ぎてからは、収入がゼロになるため、もの凄い勢いで貯蓄残高が減っていくことがわかりました。

そして、60代後半には貯蓄残高がマイナスになり、80才頃にはマイナス1,500万円に達する衝撃のグラフになりました。

何よりも恐ろしいと思った事は、80才まで生きた場合に、貯蓄残高がマイナスになる問題は、グラフを作ってみないと気がつかないことです。

もしかしたら、政府が素晴らしい年金対策を成功させ、年金が支給され、このような悲惨なグラフ結果にはならないかもしれません。

しかし、自分は手遅れ(ゆでガエル)になる前に何とか手を打たなければ、老後はお金の面でかなり苦労することは、目に見えて想像することができました。

ゆでガエル.jpg

そして、失礼ながら、ほとんどの人がこのグラフと同じ曲線を描くのではないでしょうか?

しかし、同じグラフになったとしても、絶望することはありません。

未来(問題)が事前に分かっているのですから、本人の努力次第で未来を変えることは可能です。

自分は、この問題の解決策として株式投資による長期運用がもっとも効率が良いと考えています。

次回以降、なぜ、数あるお金の稼ぎ方の中から、株式投資の長期運用が最適だと考えるかを説明していきたいと思います。


【おまけ】
ネットで「ライフプラン」で検索してみれば無料でこのようなグラフを作成できるツールはたくさんあるので、現実を知るうえで、是非とも試してみることをお薦めします。

※ご参考までに自分が見つけた無料で使えそうなライフプランのHPアドレスを二つほど紹介させて頂きます。

(1)ファイナンシャルプランニングシミュレーション | 京葉銀行
  

(2)ライフプラン・シミュレーションソフト

【フォローアップ動画】


【補足】
長期投資の考え方についてもっと知りたい、もっとスキルを身に付けたいと思っている人のために、「長期投資家やぶっち」の株式投資入門(完全版)をメルマガ配信しています。
興味がある方は、是非、登録してみてください。

「長期投資家やぶっち」の株式投資入門(完全版)
 http://mail.os7.biz/m/uqRf

posted by 長期投資家やぶっち at 14:54| Comment(0) | 第01章:はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: