2013年06月02日

第17回:好景気の時は何をすればよいか?

前回の記事で、
好景気の時には株価が全体的に割高になっているので株は買わないほうがよいと説明しました。
では、好景気の時に長期投資家は何をすればよいでしょうか?

ずばり、
次の不景気に備えて投資スキルをひたすら向上させておくこと
がもっとも効率が良いと考えます。

具体的には、
投資に関する良い本を読みまくることが
一番良い投資だと考えています。

言葉の力.jpg

とは言っても投資を初めたばかりの人が最初にどの本を読めば良いのか判断するのはとても難しいと思います。

自分は今まで投資に関連する本を200冊以上読んできました。

その中には、パチンコ必勝本や競馬新聞と変わらないレベルの本から、今でもずーっと投資をするうえで役立っている本まで色々とありました。

そんな中から、
これから投資を初めようと思っているあなたに、一番最初に読んでほしい一冊をご紹介したいと思います。

それはずばり、
『金持ち父さん貧乏父さん』になります。
改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本) [単行本] / ロバート キヨサキ (著); 白根 美保子 (翻訳); 筑摩書房 (刊)

今までにいろいろな投資入門書を読みましたが、総合的に考えると、この本がベストだと思います。

この本を読めば、
「お金を稼ぐのにお金はいらない!!」
「金持ちはお金のために働かない!!」
「貧乏人は進んで負債を買い、金持ちは本当の資産を買う!!」
という言葉の意味がわかるようになると思います。

まだ、
この本を読んでいないあなたには、この意味は、チンプンカンプンだと思います。

しかし、
この本を読めば、その意味がわかるようになります。
そして、その意味がわかったときに、あなたの中で、パラダイムシフト(金持ちになるための考え方がわかる)が起こると思います。

是非、この本を読んで、学校では絶対に教えてくれない考え方を理解してもらいたいと思います。

そして、
この本を読んだあとは、投資に対してのベースとなる考え方や判断基準を持つことができているので、あなたが投資について、更に興味や好奇心を持った本をひたすら、読んで頂ければよいと思います。

【追伸】
最後に、このブログ記事のAmazonリンクから金持ち父さんの本を購入して頂ければ、購入日から、半年間、本の内容でわからないことや質問等がありましたら、やぶっちがお答えしますので、
下記のメールアドレスに
件名:金持ち父さん購入しました(購入日:YY/MM/DD)
と書いていただき、ご連絡をください。

 yabbuchi@gmail.com
posted by 長期投資家やぶっち at 08:00| Comment(0) | 第06章:お薦めの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: