2013年06月13日

第06回:「必然」と「偶然」について

世界の物事や出来事の相互関係をとらえるうえでもっとも大切な言葉として、「必然」と「偶然」と言う言葉(概念)があります。

「必然」とは、必ずそうなる。つまり、そうなる以外にはありえないことを言います。
これに対して「偶然」とは、必ずそうなるとは限らない、または、そうなることもあればそうならないこともあることを言います。

この「必然」と「偶然」と言う言葉は投資をするうえで、非常に重要な概念になりますので、必ず憶えてほしい言葉になります。

では、もう少し具体例で「必然」と「偶然」を説明したいと思います。

たとえば、「人間」の一生で考えてみましょう。
人は生まれ時は親に助けてもらわないと何もできない赤ちゃんですが、やがて成長し、子供になり、大人になります。
そして最後は年老いた老人になり、やがて死を迎えることは「必然」になります。

しかし、老人になる前に不幸にも交通事故に遭って死んでしまうのは「偶然」になります。
また、重い病気にかかり命を落とすことも「偶然」になります。

人の一生.jpg
会社も同じで、正しい経営を正しくやっている会社は、成長していくとは必然だと自分は考えます。
しかし、企業も一辺倒に成長するわけではなく、急激な不況、地震などの天災などにより、自助努力だけでは成長できない場合もあります。

このように必然とは科学実験のように偶然性を全て取っ払った場合に必ず起こる事象とも言えます。

自分が投資する会社を選ぶときの基準に、その会社の必然性だけを取り出した時に、成長が見込める(将来性がある)と判断できた会社だけを選びます。
そして、どんな会社でも長く経営していれば、偶然性の強い小さなミスや事故は起こります。
その時の悪いニュースがテレビなどで放送されれば間違いなく株価が下がります。
この時こそ、株を買う絶好のチャンスが現れ、普段はなかなか下がらない優良会社の株を割安で買うことができます。

そして、長期投資をしていれば、投資した会社が一辺倒に成長するわけではなく、いろいろな問題や悪いニュースなどで突然、株価があっという間に半分以下に暴落することもあります。
その主な要因が必然的な問題 (根本的な内部問題)なのか、偶然的な問題(短期的に解決できる)なのかを見極めることはとても重要です。

偶然的な問題で株価が下がった場合は、例え、株価が買った時の10分の1になろうが適正な価格で株を買っているなら、持ち続けるべきです。
時間が経てば売り上げや利益が回復し、株価はもとの水準に戻ることは必然だからです。
しかし、粉飾決済やリコール隠しなどの企業体質が悪く、必然的に成長が見込めない場合は、株価がいくらだろうが売るべきです。

長期投資をしていれば、何らかの事件、出来事が起こり、必ず株価が暴落するときがあります。
その原因が必然的な問題なのか偶然的な問題なのかを分析することができていれば、株が下がろうとも慌てず株を持ち続けることができます。

近年で言えば、下記の悪いニュースでその会社の株価が下がりました。
演習の意味で下記の問題を必然的な問題なのか偶然的な問題なのかをぜひとも分析してみてください。
・オリンパスの粉飾決済
・BSE問題(狂牛病)→吉野家、すき家など
・原発事故(東京電力などの電力会社)
・トヨタの欠陥車問題
・サイゼリヤのデリバティブ取引の損失
・ユーロ危機(ギリシャ危機)


【補足】
長期投資の考え方についてもっと知りたい、もっとスキルを身に付けたいと思っている人のために、「長期投資家やぶっち」の株式投資入門(完全版)をメルマガ配信しています。
興味がある方は、是非、登録してみてください。

「長期投資家やぶっち」の株式投資入門(完全版)
 http://mail.os7.biz/m/uqRf

posted by 長期投資家やぶっち at 10:15| Comment(2) | 第03章:投資の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月12日

第07回:時の女神に愛させる

今回は長期投資をするうえで、最も重要な「時間を味方につける」についてお話させて頂こうと思います。

もし、あなたがサッカー場でコカ・コーラを売る売り子をしていて、「試合がはじまってから1分以内にコカ・コーラを一瓶以上売ることができるか?」と聞かれたら、売れるかわからないと言うと思います。

しかし、「試合が終わるまでに一瓶以上売ることができるか?」と言われれば、さすがに一瓶くらいは売れると言うと思います。

つまり、時間(とき)を味方に付けることで、コカ・コーラが売れない確率は著しく低下させることができます。

サッカー場.jpg
投資も同じで、あなたが今日株を買って明日売るつもりだったとすると、その時点でリスクのある取引を行ったことになります。

短期間のうちに株価が上がるか下がるかの確率は、コインを投げた結果の確率(1/2)と同じだからです。

長期的に見て価値が上がると確信がもてないものに投資した場合、例えば、証券会社の人に薦められるがままに買った投資信託や外貨預金にその国のインフレリスク(紙幣の増刷など)を考慮せず、長期で投資している人を見かけますが、長期の分だけ下がるリスクも増えるため、いつまでたっても儲かる確率は1/2です。

つまり、理解していない、わからないものに投資しているなら、時間は味方してくれないので、株価の振れ幅が少ない短期投資をお薦めします。

逆に、今後価値が上がる見込みがある会社に長期に投資をした場合、いつ株価が上がりだすかは誰にもわかりませんが、その会社の価値の増加(年々の増収増益)に連動して、いつか必然的に上がりだします。

すなわち、このような会社の株を長期で持つことができれば、時間が味方し、あたなは時の女神に愛させるようになるでしょう!!


【補足】
長期投資の考え方についてもっと知りたい、もっとスキルを身に付けたいと思っている人のために、「長期投資家やぶっち」の株式投資入門(完全版)をメルマガ配信しています。
興味がある方は、是非、登録してみてください。

「長期投資家やぶっち」の株式投資入門(完全版)
 http://mail.os7.biz/m/uqRf

posted by 長期投資家やぶっち at 00:33| Comment(0) | 第03章:投資の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月10日

第08回:商売が成功するために必要な3つの要素について

商売が成功するかどうかは、3つの大きな要素で決まります。

何だと思いますか?

答えは、
自分(自社)とお客(市場)とライバル(競合他社)の三つの力関係で決まります。

商売がうまくいくか決まる3要素.jpg

分かりやすく言えば、
お客からみた場合に、ほしい商品が自分のところしか売っていない場合、当たり前ですが、どんなに値段が高くても自分のところで買ってくれます。

もっと分かりやすく言えば、ライバルがいなければ、誰でも成功します。

良く言う例えで言えば、「砂漠で水を売れ!!」ですね!!

商売だけでなく、会社の中でも同じことが言えます。

上司があなた以外に仕事を頼む人がいなければ、あなたの地位は安泰です。
ただし、その仕事自体が無くなれば別ですが…(^_^;)

逆に上司からみた場合に、あなた以外に仕事を頼める部下が何人でもいて、かつ、あなたのパフォーマンスが他の人より悪い場合は、あなたの地位はもの凄く不安定な状態であり、何らかの対策を打つべきでしょう!!

自分が投資する場合も同じように3つの要素を気にしながら投資するようにしています。

特にお客目線でみた場合に、その投資対象会社でしか買えない商品やサービスであるか?
他に同じような商品やサービスを提供している会社がないことを確認してから投資するようにしています。

つまり、自分が投資したい会社の市場にライバルいない、もしくは弱い会社しかなく、成長余地があり、圧倒的なブランド力があるNo1企業を、不景気や偶然性の高い悪いニュースなどで一時的にその企業の株価が下がった時に、大量に買うのが一番安全な株式投資と考えます。

日本で言えば、カルビー(ポテトチップス)、日清食品(カップヌードル)、壱番屋(ココイチ)などがその対象になるのかもしれません。

アメリカで言えば、ディズニー、コカコーラ、スターバックスなどが対象かもしれません。


【補足】
長期投資の考え方についてもっと知りたい、もっとスキルを身に付けたいと思っている人のために、「長期投資家やぶっち」の株式投資入門(完全版)をメルマガ配信しています。
興味がある方は、是非、登録してみてください。

「長期投資家やぶっち」の株式投資入門(完全版)
 http://mail.os7.biz/m/uqRf

posted by 長期投資家やぶっち at 12:48| Comment(0) | 第03章:投資の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月09日

第09回:お金を増やす勝利の方程式

投資の種類や方法はいろいろあると思いますが、絶対に憶えてほしいお金を増やすための勝利の方程式があります。

この方程式に従えば、時間はかかりますが、お金を増やすことができます。
その勝利の方程式を一言で言えば、

「収入-費用」で余った金で、ひたすらお金が増えるものを買い続ける。

そして、自分はこの方程式に従って、機械的に投資を続けていいるだけと言っても過言ではありません。
複利の力.png

では、どういうことか詳しく説明したと思います。

例えば、あなたの月収が22万円だったとします。
そこから毎月の必要費用(家賃、車のローン、光熱費等)が月12万円だったとします。

その場合、月収22万円-必要費用12万円=10万円が自由に使えるお金ということになります。
この自由に使えるお金を投資の世界ではフリーキャッシュと読んでいます。
実はこのフリーキャッシュを常にプラスで維持できれば、会社でも個人でも絶対に潰れることも自己破産することもありません。

そして、あなたがこのフリーキャッシュを時間とともに増やし続けることができるかどうかが一番重要なポイントになります。

そして、多くの人は、このせっかくのフリーキャッシュをお金が全く増えない旅行やブランド品、高級車、ゲーム、パチンコなどに使ってしまい、わずかに残ったお金を超低金利の銀行に預けています。
こうなると当たり前ですが、フリーキャッシュはいつまで経っても増えません。

ましてや、このようなものを借金をして買ってしまった場合、今度は利子を払うためにお金を払わなければならず、毎月のフリーキャッシュが減ってしまいます。
減るだけならまだマシな方で、フリーキャッシュがマイナスになると最悪、借金地獄に落ちいる可能性も出ってきます。

ここであなたに一つ考えてもらいたいことがあります。

旅行やブランドの服、ゲームなどにお金を使えば楽しいし、ストレスを発散してくれるかもしれません。
しかし、このようなものにお金を使っていては、いつまで経ってもフリーキャッシュは増えません。

そして、フリーキャッシュが増えなければ、勤めている会社でどんな酷い扱いをされても、定年までサラリーマンを続ける以外に選択肢はない状況になります。

ではどうすれば良いでしょうか?

先ほどの例(月収22万円、費用が12万円)を使って説明したいと思います。
フリーキャッシュ10万円を毎月の配当利回りが1%の株に投資(現実にはこんな高利回りの配当を出す会社はないです)した場合はどうでしょうか?

10万1,000円×0.01で毎月1,000円の配当金(不労所得)が手に入ります。
そうすると、月収と費用が変わらなければ、次の月のフリーキャッシュは10万1,000円(100,000+1,000)になっています。

そして、その10万1,000円でまた同じ株を買った場合はどうでしょうか?

次の月のフリーキャッシュが今度は約10万2,000円に増えます。
そして、その次の月も同じように投資するとフリーキャッシュが約10万3,000円に増えます。

次の月も次の月もひたすらに同じことを繰り返していくとどんどんフリーキャッシュが増えていきます。
そうするといつの日かフリーキャッシュが22万円を超えます。

その時、もとのままの生活水準だとしたら、つまり、フリーキャッシュ(給料-費用)が10万円のままだったとすると、残りのフリーキャッシュ12万円は、株の配当金で得たことになります。
そうなると、月の費用である12万円を不労所得である株の配当金12万円で払える状態になります。

この状態になると、給料を貰わなくても配当金で費用が払えるため、
サラリーマンを辞めても自由に生きていける状態
になります。

また、この状態でサラリーマンを2〜3年続けていれば、給料以上の額を投資に回すことができ、ますますお金が増えていきます。

あとはあなたがサラリーマンを続けたいのであれば、続ければ良いし、会社を辞めくなれば、辞めればいいと思います。

今回の例では、話を簡単にするため、月収、費用、配当利回りを固定して話をしましたが現実の場合は大きく変動すると思います。
ただし、本質的な考え方は同じだと自分は思っています。

つまり、あなた(投資家)がやらなければならないことは、消耗品を買うのではなく、フリーキャッシュを増やすために
『お金が増えるものを買う』

ということだけなのです。


【補足】
長期投資の考え方についてもっと知りたい、もっとスキルを身に付けたいと思っている人のために、「長期投資家やぶっち」の株式投資入門(完全版)をメルマガ配信しています。
興味がある方は、是非、登録してみてください。

「長期投資家やぶっち」の株式投資入門(完全版)
 http://mail.os7.biz/m/uqRf

posted by 長期投資家やぶっち at 10:29| Comment(0) | 第03章:投資の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月05日

第10回:No1の会社に投資しよう!!

自分は、投資をするときにその業界のNo1の会社に投資するのが好きです。

その理由をお話ししたいと思います。

富士山.jpg


まずは、No1の性質を知ってもらうために、簡単な例を出したいと思います。


日本で1番大きい湖は、「琵琶湖」です。

では、2番目は?

知らない人がほとんどだと思います。



では別の質問です。
日本で一番高い山が「富士山」です。

では、日本で2番目に高い山は?
こちらも答えれる人は少ないと思います。
ちなみに正解は「北岳(きただけ)」です。



最後に、世界で一番高い山は、「エベレスト」です。

では、世界で2番目に高い山は?と聞かれてこちらも答えれる人はほとんどいないと思います。


世界で2番目に高い山は、富士山よりかなり高いはずなのにほとんどの人は知らないのです。


つまり、人は、1番しか覚えないのです。


これはビジネスにも同じことが言えます。


何と言うタイトルの本だったか忘れてしまいましたが、市場独占率(売上シェア率)が1位40%以上で、2位が20%以下の状態にある1位の会社は同業種の平均利益に対して、ほとんどの業種で約3倍以上の利益があったという調査結果を載せていました。


このようにNo1の会社というのは、数値的にみても、とても有利な状態にあることがわかると思います。


では、No1の会社がいかに有利かの主な要因を2つ説明したいと思います。



(1)スケールメリット
・No1の会社はその業界で一番の売上を上げている会社なので一番大量の仕入れができます。
 そのため、仕入れコストをNo2以下の会社より低くすることができ、低価格で販売しても、利益を出すことができます。
 すなわち、低価格戦略ができるのはNo1の会社のみであることがわかると思います。


(2)認知度が格段に上がる
・口コミがおこり、タダで宣伝ができる。

・マスコミから「取材依頼」がきやすく、タダで宣伝ができる。

・不況になって潰れる可能性の高いのは下位の会社です。
 そして、潰れた会社の多くのお客さんは、時が経ち好景気になると認知度No1の会社でモノを買いやすい。
 そのため、No1の会社は、景気の循環(好景気→不景気→好景気)が起こるたびに、どんどん、シェアを伸ばすことができます。
 
・No2以下の会社で不祥事が起こると認知度が高いNo1の会社にお客さんは流れやすい。
(三菱自動車の不祥事でお客さんがトヨタ自動車に流れたのが良い例です)



ここに書いたものは、ほんの一例です。
No1になれば、このようにどんどん、シェアを伸ばすことができます。


孫子の兵法でいうところの
「勝ってますます強くなる」
の言葉通りの状況になります。



このようにNo1の会社には良いことばかり起こるので、自分はNo1の会社に投資することが好きです。



ここまで読んで頂き、ありがとうございます。



【補足】
長期投資の考え方についてもっと知りたい、もっとスキルを身に付けたいと思っている人のために、「長期投資家やぶっち」の株式投資入門(完全版)をメルマガ配信しています。
興味がある方は、是非、登録してみてください。

「長期投資家やぶっち」の株式投資入門(完全版)
 http://mail.os7.biz/m/uqRf

posted by 長期投資家やぶっち at 11:39| Comment(0) | 第03章:投資の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月04日

第11回:価値の正体

価値とは何でしょうか?

人は「価値があるもの」と「価値がないもの」をどうやって区別しているのでしょうか?
価値についてちょっと考えてみましょう!!

多くの人はダイアモンドには価値はあり、その辺に転がっている普通の石は、ダイアモンドより価値はないと思っています。
では、その差は何なのでしょうか?
ダイヤモンド.jpg
人の生命線にあたる水には当然、価値はあると思われていますが、コンビニに行けば150円も出せば500mℓのペットボトルの水を簡単に買うことができます。
そのため、100円に値下げして街で歩いている人に売ろうとしても、セールスをしたことがない人には、なかなか売ることは難しいと思います。

現代社会では好きな映画やコンサート、ワールドカップなどのスポーツ観戦など、人が生きていく上では、まったく必要ないものに、高いお金を払ているという現実もあります。

また、多くの人は有名ブランドのカバンを高くても喜んで買いますが、バーゲンセールで売っている安いカバンを買うことは躊躇します。


もの凄い人気のあったアイドル歌手も10年もすれば、ほとんどのアイドルがテレビから消えていきます。

結局、人々がお金を払ってまで欲しくなる価値の正体とは何なのでしょうか?
ちょっと考えてみてください。

































答えを言います。
価値を一言で言うと
「人が意識(時間)を使っているもの」
になると自分は考えます。

先ほどの例で言えば、ダイアモンドにまったく興味がない人(意識がない人)からすれば、ダイアモンドは普通の石と同じで100円でもいらないと言うかもしれません。

現代社会では、ペットボトルの水をコンビニでいつでも買うことができるため、人々は水に対しての意識が少なく喉が渇いていなければ、水よりも生きていくうえで必要のないスポーツ観戦や映画、趣味などのほうに価値を置きます。

ブランドのカバン、アイドル歌手も人々が多くの意識を使い続けてくれる限り価値は続きます。

このことから、企業側からみると自分たちの商品やサービスにお客さんが意識を使ってもらえるような情報を流し続けることは、非常に重要な活動になります。
逆にこれさえやれていれば、どんな意味のないものでも必ず売れます。

つまり、投資しようとしている会社の商品やサービスに、お客さんが多く意識(時間)を使っていることの確認は、重要な調査項目だと考えます。

では、人は何に意識(時間)を使うのでしょうか?

価値の正体についてさらに話をしていこうと思います。

いきなり価値の正体について、
答えを言っても面白くないので、
今回は帰納法的に答えを導き出していきたいと思います。


人が価値を感じるものとして、
例えば
@人はダイヤを欲しがる。
A人は水がほしくなる。
B人は無形価値の映画やコンサート、マンガ、スポーツ観戦などしたくなる。
C人はブランドのカバンや時計をほしがる。
D人は恋愛や結婚をしたがる。
E風邪を引くと薬がほしくなる。
F男性は頭が薄くなってくれば、育毛剤がほしくなる。
G女性はダイエットのために、色々なスポーツジムに通う。


多くの人がこれらのことに人は価値(意識)があると思ってお金を使います。
ではこれらの事例に共通する要素を抜き出してみましょう!!
ひとまず、大きく2つのカテゴリーに分けてみたいと思います。


【有形なもの】
@ダイヤ、A水、Bブランドカバン、E薬、F育毛剤

【無形なもの】
C映画、漫画、コンサート、スポーツ観戦、D恋愛・結婚、Eジム通い

この分類からわかることは、
人は「形あるもの」だけでなく、「形がないもの」にも価値を見出しているという事実です。


では、さらに深堀していこうと思います。
この二つのカテゴリーの共通点を考えてみましょう!!
なぜ、人はダイヤをほしがるのか?
なぜ、人は薬をほしがるのか?
なぜ、人は映画をみたくなるのか?
なぜ、人は結婚したくなるのか?
なぜ、人はダイエットしたがるのか?
少し考えてみてください。
実は答えよりこの考える力(手法・能力)があるかないかのほうが重要です。

































自分の答えを言います。
人は明るい未来を見せてくれるものに価値を感じます!!
これが自分の答えです。

つまり、

【ビジネスで考えた場合】
明るい未来を見せてくれる商品やサービスを提供すれば、人は必ず買います。


【映画や漫画で考えた場合】
次回のストーリーが面白い仮想体験(明るい未来)を見せ続ける限り、人は意識し続けるので価値は続きます。


【恋愛で考えた場合】
相手に明るい未来を見せることができればモテます。


では、最後に投資で考えた場合はどうでしょうか?
上記の理論が正しければ、お客さんに明るい未来を見せ続けている会社は永遠に価値を生み出し続けることになります。
よく売上や利益の数値ばかり気にする投資家がいますが、その利益を上げている価値の源を確認することはもっと重要になります。

あなたも投資をするときは、お客さんに明るい未来を見せている企業か確認をしてから投資するようにしてください。


【補足】
長期投資の考え方についてもっと知りたい、もっとスキルを身に付けたいと思っている人のために、「長期投資家やぶっち」の株式投資入門(完全版)をメルマガ配信しています。
興味がある方は、是非、登録してみてください。

「長期投資家やぶっち」の株式投資入門(完全版)
 http://mail.os7.biz/m/uqRf

posted by 長期投資家やぶっち at 00:00| Comment(0) | 第03章:投資の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする